買い物かごをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

日本製 高級 本麻 ボックスシーツ ダブルサイズ



麻の中でもカバー用にお作りした日本製リネンシーツは心も体もリラックスできる癒しのひと時をお約束します。
「麻」は、植物の茎から作られる繊維のことで、 リネンの他にラミー、ヘンプ、ジュートなど、 20種類ほどの品種があります。リネンは、そういった「麻」の一種で、「フラックス」と呼ばれる植物の繊維から作られます。刈り取ったフラックスを水につけて繊維だけを取り出し、糸に紡ぎリネン生地となります。





リネンカバーのよいところは、四季を通して肌当たりが変わらないことです。
湿気が多い梅雨の時期も暑い夏も寒い冬も、いつもカラッとしてヒンヤリ感がありません。

快適な天然繊維として知られるコットンやシルクと比べ、
吸湿性・速乾性は、コットンの4倍、シルクの10倍、耐久性はコットンの2倍と言われています。



水に濡れるとさらに強度を増すので、丈夫です。
ご家庭でのお洗濯も何の心配もなくジャブジャブ洗えます。

リネンの繊維は、ペクチンという成分に保護されていており、
水分を吸収しても中まで浸み込まないため、乾きやすく、汚れても汚れが落ちやすい特長があります。


ヨーロッパでのリネンシーツというと、ホワイトが一般的ですが、日本では天然素材らしさを求める傾向があり、ナチュラル(生成り)色も好まれます。

リネン糸は、もともとは生成り色。リネンの育つ土壌や気候条件により、毎年色合いが変わります。
最近は、ややグレーがかった濃い目の生成り色の傾向にあります。それを漂白、水で晒す工程を繰り返しホワイトの生地が出来上がります。
このホワイトの白度の違いは、染色しているわけではなく、リネンの糸を晒すことによって白くなっているのです。あとは、職人の経験と勘による色調整にかかっています。

掛けカバーやシーツピロケースを別々の時期にご購入いただくと若干の色の違いが生じます。
これは自然のリネンを使っているゆえの特長なのでどうぞご理解くださいね。

何度もお洗濯を繰り返すごとに、さらに柔らかさを増し、滑らかな風合いになります。
1、洗濯の仕方
丈夫な素材ですの、ご家庭の洗濯機で洗剤を使用して洗います。
何度もお洗濯を繰り返すごとに、さらに柔らかさを増し、滑らかな風合いになります。
ホワイトもナチュラルも使い込むほどに、どちらも黄みを帯びたミルク色に近づきます。
その頃には、さらに肌に馴染み、よりしなやかな風合いになっていることでしょう。
リネンの繊維を守っているペクチンのためにも、なるべく漂白剤は避けてくださいね。

2、アイロン
リネンは、他の天然繊維に比べると、やや重みがあるため、
平らにして干しておくと、生地の重みと繊維の性質からもしわが伸びます。
必ずしもアイロンを掛ける必要はありません。
パリッと仕上げたい場合は、乾ききらないうちにアイロンをかけてください。



リネンのカバーやシーツは、寝具の高級品とされています。

上質のリネン糸から、日本で生地を織り、シーツ、カバー、ピロケースに仕立てました。平織りの40番手リネン生地を使っております。
ガーゼ織りよりも毛羽落ちが少なく丈夫です。


柔らかく爽やかな寝心地は、1 日の疲れを癒し、より一層質の高い眠りを実現してくれることでしょう。




◆商品名 日本製 高級 本麻 ボックスシーツ ダブルサイズ
◆サイズ 140×200×30cm
◆仕様 素材:麻100%(リネン100%)
敷布団に被せ、裏側をゴムで止める仕様になっています。
カラー:ナチュラル・ホワイト
ご家庭の洗濯機で洗えます。
*カバーに適した風合いを出すために、ソフト加工を施しております。
◆製造国 日本製

日本製 高級 本麻 ボックスシーツ ダブルサイズ

価格:

19,548円 (税込)

[ポイント還元 195ポイント〜]
カラー:
購入数:
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

関連商品のご紹介

商品を見る

日本製 高級 本麻 ボックスシーツ クィーンサイズ

21,600円(税込)
ラグジュアリーな眠りに麻のリネンボックスシーツ(クィーン)日本製高級リネンシーツは、肌触りがとてもソフトで滑らかです。リネン100%のシーツは、優れた吸湿性と放湿性があるため、カラッとして、とても爽やかです。そして湿気がこもらないから、冬は蒸れずに温かい。
商品を見る

日本製 高級 本麻 ボックスシーツ セミダブルサイズ

18,360円(税込)
リネンのシーツやピロケースは、寝具の最高級品とされています。 高級日本製麻リネンは肌触りがとてもソフトで滑らか、優れた吸湿性と放湿性があるため、とても爽やかです。そして湿気がこもらないから、冬は蒸れずに温かいのです。

ページトップへ